フランチャイズ募集の進化と発展

なぜフランチャイズ増えたのか?

人生で誰でも1度は「自分で独立して仕事をしたい」と考えたことあるのではありませんか?一大発起して個人で会社やお店を構えても、ゼロからのスタートでは名前も全く知られていませんし、名前が有名になり利益を得るまで相当な時間と努力が必要です。その点フランチャイズでの起業の場合だと、名前が有名なので開店でもお客さんがすぐ来店するので起業の負担が幾分楽になります。これがフランチャイズ店が増加してきた1番の理由です。
ですがそのためフランチャイズはもはや飽和状態となり、同じ名前の店での顧客争奪戦となってしまいました。結果フランチャイズで起業しても100%成功するとは限らないのです。今こそフランチャイズのあり方に進化と発展が求められているのかもしれません。

今後のフランチャイズ店のあるべき姿

フランチャイズ店で起業して成功している人たちもいれば、閉店を余儀なくされる人たちもいることは確かです。同じ名前を持つのになぜこうした差が出るのでしょうか?フランチャイズには必ず本部のマニュアルがありそれを基盤に経営します。お客さんは同じことをしていると結果的に飽きがきて新しいことを求めて離れてしまうのです。成功しているフランチャイズの中にはマニュアルの基盤に、プラス独自のオリジナリティーを持って集客効果を高めているところも少なくありません。そこには経営者の手腕が左右されるのでしょう。言われたことをロボットのように繰り返すだけでは前に進めないのです。たとえフランチャイズでも、お店に自分自身の個性が引き立つような経営体制を作ることが、今後のフランチャイズ発展の糸口なのでしょう。