ここまで来たフランチャイズ募集

そもそも、フランチャイズとは何か

ビジネスの分野で時折耳にする「フランチャイズ」とは、店舗構築や商品開発、接客マニュアルなど店舗を運営する仕組みやノウハウをひとまとめにした「パッケージ」を意味しています。日本には有名なコンビニや外食チェーンがたくさんありますが、フランチャイズを採用しているところも多いです。新しいお店を始める時は、様々なリスクがあります。きちんと売上が出せるかどうか、お店を作る時に借りたお金を返していけるかどうかなど、経営者の心配は尽きません。しかし、大手チェーンのフランチャイズとしてお店を開くことにすれば、一定のマニュアルや成功ノウハウを享受できます。その代価としてフランチャイズの本部へロイヤリティを支払う必要がありますが、それを差し引いても、メリットは大きいと言えるでしょう。

多様化するフランチャイズ

ビジネスの成功モデルとして有名なフランチャイズは、様々な業界に浸透しています。実際に日本でフランチャイズを募集している業界や業種を見てみると、飲食やコンビニ、小売り業界だけでなく、美容室、学習塾、クリーニング、貴金属の買取販売など、ありとあらゆる分野に広まっていることが解かります。ここまでくると、もはや日本の経済を牽引しているビジネスモデルと言えるかもしれません。またフランチャイズには、ビジネスフォーマット型やターンキー型など、形態による種類もあります。ビジネスフォーマット型は、成功しているノウハウやマニュアルを、お店の名称も含めてライセンス化したものです。一方ターンキー型は、親会社が完成した店舗を準備し、加盟した個人や企業が、お金を支払って開業するタイプを意味しています。